Another Broken PC 壊れたPC

Wrong place, wrong time.

I happened to be at our community office.  When I was ready to leave, I noticed one of the office staff struggling with his PC.  I shouldn’t have said it, but I did.  “Is anything wrong?”

He said he couldn’t start the PC.  The symptoms looked very similar to what I had experienced with my own PC a few months earlier.  I was anxious, but I tried to help him by searching on the internet.  Nothing worked.

I gave up and told him that it might be possible to save any data on the hard drive that he wanted to keep. In my case I had used Linux to save the data from my broken PC.

The next day he brought his PC to my house and asked me to save the data, as he didn’t know how to do it.

My husband and I worked on it for a few hours and finally managed to recover the data.  Then I tried again to start the PC, but couldn’t.

The office staff was very happy that I could save the data.  I was happy too.


ちょうど悪いタイミングでした。

たまたま今住んでいる別荘地の事務所にいました。用が終わって、さて帰ろう、とした時、事務所の人が一人PCと格闘しているのが目につきました。余計なことに「どうしましたか?」と話しかけてしまったのです。

PCが起動できない、ということで、その症状は私が数ヶ月前に経験したものと似ていました。嫌な予感がしつつ、そこでインターネットでその機種の情報を探しながら一緒に起動させようと頑張ってみましたが、上手くいきません。

諦めて帰り際に「もし取り出したいデータがあったら、私の場合はLinuxでできましたよ。」と言い残して家に帰りました。

次の日に「一晩頑張ってみたけど起動できませんでした。外付けHDに保存していない書類があるので、それだけでも救ってくれませんか。私よりも詳しいようなので、お願いします。」とPCを持ってきました。

夫と2人であーでも無い、こーでも無いと試すこと数時間後、無事データを外付けHDに落とすことができました。それからさらにPCを起動すべき頑張ってみましたが、結局できませんでした。

それでもデータの保存ができたのを喜んでもらえました。よかったです。