Heart Rate + Fitness Wristband 活動量計 

I have been using a “Heart Rate + Fitness Wristband” since last November.

After the first catheter ablation, I wanted to check my heart rate, so I bought a “Fitbit Charge2”.  It can also check my sleep hours and count my steps too.  Of course it can also show the time and date.

It communicates  with my iPhone using Bluetooth and can save the data.  I can also download the data to my iPad, so I can see the data on a bigger screen.  When the step counter reaches 6500 the Fitbit vibrates.  Why 6500?  My diet program application gives me points if I spend a burn a certain number of calories in a day, and 6500 steps meets the target, so I set the Fitbit to that number.

After the first catheter ablation, my resting heart rate went down almost to 40 beats per minute. When the heartbeat is irregular the Fitbit only counts the stronger beats, so this very low heart rate was actually indicating arrhythmia.  After the second catheter ablation, my resting heart rate is between 57 and 60 per minute.

All I need to do to collect the data is to wear a watch, so it is very convenient.


去年の11月から活動量計を使っています。

カテーテルアブレーション後、心拍数を調べたいと思いFitbit Charge2を買いました。これは心拍数だけでなく睡眠の状態、歩数もわかります、もちろん時間も (^^)

iPhoneに朝、昼、夜と3回bluetoothでつないでデータを落とします。iPadとも同期できるので大きな画面でも見ることができます。歩数は6500歩になるとバイブレーションで知らせてくれるように設定してあります。この6500歩というのは、私が使っているダイエットアプリで最低それだけ歩くと一日の運動消費カロリーが合格になるのです。

一度目のカテーテルアブレーション後、安静時の心拍数というのが毎分40近くまで落ちました。不整脈があるとうまく脈を拾ってくれないみたいです。2度目のカテーテルアブレーション後には大分落ち着き、安静時は57から60の間で記録されています。

腕にはめておくだけで、いろいろと記録してくれるというのは便利です。